TOPへ戻る
 
企業防災は、防災担当者が腰を据えて取り組まないとなかなか進まないのが現状です。とはいえ、やることの多くはマニュアルや書類作成・・・。ないと困りますが、時間がもったいないですね。結局は借り物の防災マニュアルでお茶を濁し・・・しかし、それではうまくいかないのです
当研究室は企業様の防災の「落とし穴」を補完しながら、防災体制の作り上げをサポートいたします。



そこで、当研究室では「企業風土を考慮したオンリーワンの防災マニュアル」をご提案させていただきます。
 



企業防災の教科書となる「企業防災マニュアル」。整備しておけば災害・有事の際に誰でも防災リーダーとして陣頭指揮が取れます。
その作成支援・作成代行をおこないます。
尚、この事業には「防災アドバイザー」の観点から、企業様の防災体制に対するアドバイスが含まれています。

【流れ】
@前段階として、御社の概要を知るところからはじめます。こちらのWORDファイルをダウンロードし、入力後メールでお知らせください。
 この際、可能であれば現行のマニュアル・ルールをデータ添付、またはご郵送ください、
A何度かメールでやり取りし、御社の事業内容等を詳しく確認します。
B当団体の防災アドバイスは、「単元制」です。当方で必要と思われる単元を抽出し、単元数×単価、それに月間管理料を加えた金額を見積書としてご提示いたします。ご予算に応じ調整をかけ、契約が成立すれば正式にスタートです。
C契約しない場合、費用は発生しませんのでご安心ください。


お問い合わせ:gorybousai@gmail.com(WORDファイルを添付してお送りください)
 
消防法により、事業所は「防火管理者」を置き、「消防計画」を所轄の消防署に届け出ることが義務付けられています。
実は、「消防計画」は制作にコツがあります。そのコツを踏まえた「消防計画」の作成と、その後の訓練等のアドバイスをセットでおこないます。

お問い合わせ:gorybousai@gmail.com

TOPへ戻る

(C)2017- 杜の小径企業防災研究室 All Right Reserved
inserted by FC2 system